産業用太陽光金具の販売開始!

      いろんな屋根に対応できます。お気軽にお問い合わせください

             TEL 055-243-8600 / FAX 055-243-8301
                  E-mail info@roof-tech.co.jp

b0114168_11521527.jpg
b0114168_11522796.jpg
b0114168_11523155.jpg
b0114168_11524221.jpg
b0114168_11524672.jpg
b0114168_13474560.jpg
b0114168_1348174.jpg

[PR]

# by roof-tech | 2013-02-13 11:56  

カナメソーラールーフが日経アーキテクチュアに掲載されました

b0114168_10395287.jpg

b0114168_1040013.jpg

b0114168_10401222.jpg
b0114168_10401644.jpg

b0114168_1040437.jpg

[PR]

# by roof-tech | 2012-06-25 10:47  

商品名変更のお知らせ

PVウエーブパネル及びPVグリップの商品名が変わりました。
これまで同様ご愛顧くださいますようお願い申し上げます。
                                 

                
        【旧商品名】         【新商品名】
       PVウエーブパネル ⇒ カナメソーラールーフ
       PVグリップ      ⇒ カナメソーラーグリップ

[PR]

# by roof-tech | 2012-06-22 08:37  

新・カバー改修工法!

b0114168_18181772.jpg


◆金属横葺屋根改修工法

1980年代ごろから、公共施設を中心にブームとなった金属横葺屋根。
しかし、いくら耐久性が良いとはいえあちらこちらでもう限界にきているようです。一度チェックされてはいかがでしょうか。
これまで横葺用改修工法はありませんでした。簡単に施工でき、断熱性も向上できる新しい改修工法です。

b0114168_17545871.jpg


              (どんな働き巾にも対応可能なマルチ型)
b0114168_1757109.jpg



◆縦葺屋根改修工法

ひと昔前までは、「体育館の屋根=瓦棒葺」でしたね。
建て替え費用確保が困難な昨今。これまでのただ被せるだけの工法ではなく、意匠性・断熱性・強度に優れた新工法です。

b0114168_17574380.jpg

      (ほこりを出さない 「無塵断熱工法」)      (経済的な「直止め工法」)  

  
詳しくは・・・ 
(工事場所が山梨県・長野県の場合) TEL055-243-8600  ㈱ルーフテック
                              (上記以外は) TEL03-3562-0651  ㈱カナメ 東京営業所  まで
       
[PR]

# by roof-tech | 2009-09-07 18:32  

断熱材付段葺(横葺)の耐火認定

これまで、断熱材付または敷き込みによる段葺(横葺)について、耐火認定書に断熱材の記載がなくても、更に可燃材であっても拡大解釈により「耐火構造」とされておりました。
しかし2007年6月に建築基準法が厳格化されてからはこの都合の良い拡大解釈はNGとなっております。
これにより多くの段葺(横葺)が耐火構造の建物に使用できずにおりました。
当社で取り扱っております
 高機能段葺「カナディー」  も同様でしたが、          
      耐火性能試験に合格!
                                           し、認定書の発行を受けました。(認定番号:FP03RF-0346)
断熱材付、またはバックアップ材が必要な段葺(横葺)は数社で製造されておりますが、耐火認定が取れていないものがほとんどのようです。
断熱性、防音性、水密性(2寸勾配OK)、更に耐火認定を受けた、「カナディー」をぜひご検討ください。


◆カナディーのページは下記クリック、お問い合わせはお気軽にどうぞ

http://www.roof-tech.co.jp/products/roof8.html
[PR]

# by roof-tech | 2008-10-05 09:51  

屋根のリニューアルをお考えでしたら・・・

去年は本当に暑い夏でした。
温暖化に歯止めが利かない地球は、今年もまた暑い夏を迎えなければならないのでしょうね。
そこで、太陽熱を真っ向から浴びる場所、”屋根”を外断熱工法でリニューアルしてはいかがでしょうか。真夏の屋根裏面温度が最大で8℃低下できます。もちろん冬は暖房効果が向上します。
地球にやさしく、最終的にはお財布にもやさしくなります。

b0114168_17264390.jpg           














また、屋根材で圧倒的なシェアを占めていた着色平板瓦は、2003年ごろまでの製造のものにはアスベストが混入されております。
古くなると表面の塗装がはがれおち、アスベストが曝露してしまいます。


b0114168_9193292.jpg










b0114168_82575.jpg














屋根のリニューアルはアスベストの恐怖からも逃れられることになるのです。
詳しくはトップページの、「屋根のアスベストについて」をご覧ください。

見積り・相談はお気軽にどうぞ!
[PR]

# by roof-tech | 2008-06-01 08:29